南湖神社は、福島県白河市「南湖公園」の中に鎮座し、御祭神として松平定信(白河楽翁)公をおまつりしております。
  TOPへ
 
南湖神社
 
松風亭蘿月庵について
南湖神社にはご祭神松平定信公がしばしばご来遊された茶室「松風亭蘿月庵」(しょうふうていらげつあん)
が現存しています。
寛政年間、白河藩重臣だった三輪権右衛門が茶人であった父仙鼠のために茶室を建てようと
府内九番町にあった別邸内に、藩主松平定信公より拝領した茶室図面に基づいて建立されたと
伝えられている由緒ある茶室です。

定信公は南湖造成工事の折、たびたびこの茶室を訪れて茶を楽しんだと言われており
定信公が茶室の傍らにあったしだれ桜の美しさに目を見張り、茶筅に墨をつけ「垂桜」と揮毫した掛け軸や
茶室の名前の元となった「蘿月」と揮毫した水盥も現存しております(いずれも宝物館内所蔵)

なお、蘿月庵は松平家が桑名に移封される際に家臣常盤惟親に譲渡され、府内道場小路の屋敷内に
いったん移築された後、大正12年(1923年)に南湖神社創建を奉祝して寄贈され、南湖神社境内に
再び移築されております。

蘿月庵は現在でも茶会に使用されており、4月〜10月の第二日曜日に白河茶道連盟による月釜茶会が
開催されております。


松風亭蘿月庵



晩秋には紅葉が非常に美しくなります。

 
御案内

ご由緒

年間祭事

南湖公園

ご祈祷

年回り

お守り

なんこじんじゃKIDS

宝物館

松風亭蘿月庵

長期総合境内整備事業

アクセス

リンク

全国神社リンク

福島花紀行

Blog

Facebook

Twitter

御朱印について

HOME

 
 
 
〒961-0811 福島県白河市菅生館2
 
TEL:0248-23-3015、FAX:0248-23-3500
 
 
 
Copyright(c) NankoJinja All rights reserved.
 
 
 
楽翁桜開花状況(期間限定)